« ワークフェア vs ベーシック・インカム――貧困・格差を超える新しい福祉ガバナンス | メイン | 紅葉 »

2007年11月13日

 ■ 闘う女性マッサージ師

 京都一番の繁華街=四条河原町。その一角で異色の労働争議が続いています。現場は、四条河原町を下がった「焼き肉の南大門」があるビルの3F~5Fのサウナ。ここで働く60歳代、70歳代の女性マッサージ師たち19人が、店の閉店とリストラに抗議して連日、就労=泊まり込み闘争を続けています。

 背景には、あの「ホリエモン」にフジテレビ買収の資金を提供した投資ファンド「リーマンブラザース」(本社・東京六本木ヒルズ)の存在があります。サウナ店や焼き肉店を経営する会社=(株)第一物産=本社・京都市中京区の債権を握り、言いなりにさせようとしています。今回の閉店・リストラもリーマンブラザースの指示によっておこなわれました。

 泊まり込みはすでに40日を過ぎました。しかしマッサージ師たちはいたって元気です。人生の荒波をくぐり抜けてきた彼女らにとって、ハゲタカファンド=リーマブラザースもなんら恐れずに足らず。東京にまで出掛けていき、六本木ヒルズビルの前で、ビラまき行動などをやっています。

 闘うマッサージ師に支援を。事業再開でリストラを撤回せよ。

2007年11月07日 「読売新聞」京都版より(PDF)

●闘う女性マッサージ師
  ・四条河原町のサウナ閉店
●19人営業再開求め泊まり込み
●ベテラン70歳「お客さんの笑顔励みだった」
  ・外資債権取得リストラ



 京都・四条河原町のサウナ店が開店した。レジャー多様化の波をかぶって赤字が膨らみ、外資系企に債権を買い取られた運営企業が系列店のリストラに乗り出した。「雇用を守れ」「閉鎖撤回」。従業員らは手書きの横断幕を掲げて、店での泊まり込みを続ける。
 最高齢71歳から44歳までの女性マツサージ師ら19人。「お客さんのためにマッサージを続けたい」と口をそろえ、閉鎖された店内で、厚いタオルを一枚一枚たたみながら、客の訪れを待っている。(沢野未来)



 むくんだ両手のどの指も、ごつごつした茶色のタコが盛りあがる。「昔は白くてきれいな手だったんだよ。すっかり手の指が変形しちゃつた」。泊まり込みを続けている中田初子さん(70)は、マッサージ師歴数十年。その勲章ともいえる指のタコに胸を張る。
 パチンコ店などを運営する第一物産(中京区)が経営していた「グリーンプラげ河原町店」(下京区)。10月1日に20年の歴史を閉じた。

 マッサージや宿泊施設、レストランなどを備え、バブル期には会社員らでにぎわった。近年、低価格のスーパー銭湯や、シャワー付きのネットカフェに客を奪われ、赤字続きに。昨春から夏にかけて、外資系投資銀行リーマンブラザーズの関連企業が第一物産の債権を取得。

 第一物産は赤字の圧縮を目指して、昨年6月に系列の山科店を閉じ、今年7月には西京区内と河原町店の2店の閉鎖も決めた。 「私たちの生活はどうなるのか」。反発した従業員らは個人加盟労組「きょうとユニオン」に助けを求め、第一物産に営業の継続と雇用を訴えた。10月17日には府労働委員会に救済申し立てを行った。

 リーマンブラザーズ広報部は「第一物産の労働問題にかかわる立場にはない」と説明する。第一物産の坂本真吾常務は「かつて夜のレジャー施設はサウナぐらいだったが、時代の流れの中で厳しくなり、赤字が大きくなりすぎた」と話す。

 確かに、店には流行の岩盤浴も、インターネットもない。けれども、古ぼけてはいてもピカピカに磨かれた床、なみなみと湯をたたえた湯船、真っ白なシーツがしわ一つなく並べられた2段ベッドは、これまでと変わらず、疲れをいやす客を待っている。

 「若い子のマッサージがいいでしょ、とお客さんに言ったら、『ほんまに、疲れをほぐしてもらいたいから来るんや。京都で一番うまいで』と言われたんだよ」。中田さんは言う。
  「『ありがとう、楽になったよ』というお客さんの笑顔で、世の中の役に立っている、がんばろうつて思えてん」。

  同社は、系列パチンコ店やレストランへの配置転換を働きかけたが、従業員らは「マッサージ師こそが、私たちの仕事」と応じず、10月12日付で全員が解雇された。
 同社は店からの立ち退きを求めているという。


<激励先>
 きょとユニオン・第一物産分会
 京都市南区東九条上霊町64-1アンビシャス梅垣ビル1階
 TEL 075-691-6191 FAX075-691-6415

<抗議先>
◆リーマンブラザーズ証券株式会社
◇サンライズファイナンス株式会社 トマス・ピアソン社長
 東京都港区六本木六丁目10番1番 (六本木ヒルズ森タワー20F)
 電話03-6440-3000 (リーマンブラザース代表)

◆株式会社第一物産 坂本照子社長
  パチンコ店オメガ・サウナグリーンプラザ・屋肉にの南大門などを経営!
 京都市中京区大宮四条上ル錦大宮町131番地
 075-841-1102  FAX075-811-2387

投稿者 mamoru : 2007年11月13日 23:45

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mamoru.fool.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/67